fc2ブログ

たんじょうびおめでとう☆~中編~

09/10<sat>

ヨーロッパ研修旅行はスペインから始まりました。
マドリッド・トレド観光ののち、スペインの高速鉄道AVE
に乗って南部のセビリアまで行き、グラナダ・マラガ・ミハ
スを巡りました。マラガからは航空機でバルセロナまで飛び
ました。

セビリアから大型観光バスでグラナダのアルハンブラ宮殿へ
向かう途中、S教授の提案で名もない小さな農村に立ち寄る
ことになりました。

村に1台の大型バスが停まると、濃い朝もやの中から村の人
達がぞろぞろと現れ、近寄ってきました。
出てきたのは恰幅の良いおじさん達ばかり。S教授は現地ガ
イドさんを通じて積極的におじさん達に質問をしていました。

「今日は仕事が休みの日でさ、家にいたら邪魔だとワシらは
早々に母ちゃんに追い出されたのさ。さて今からどうする?
と言うとったら大きなバスが停まっとるから、なんじゃ?と
いうことで来てみたのさ」

これがおじさん達だけ街頭にいた理由でした。
主婦は強し!これは世界共通なんだと知りました(笑)
たくさんの楽しいおじさん達に囲まれて、不思議な記念写真
を撮ることができ、貴重な思い出となりました。

ダンナが作ったアルバムを開いてみたら、村のおじさんと私
のツーショット写真が貼られていました。
なんで私だけの写真がこんなところにあるのか?とダンナに
たずねると、写真をよく見ろといいます。もう一度見てみる
と、ダンナは私の背後にいてニッコリ笑顔で写っていたので
した。なあんだ・・・。

続いて話の舞台はフランスへ。バルセロナからピレネー越え
でフランスに入り、まずは城郭都市で有名なカルカソンヌへ。

ホテルの近くに子ども遊園地があり、小さな売店でチュロス
が売られていました。そこでK君(ダンナ)が私に、買って
一緒に食べよう!と言ってくれました。
当時、私はドーナツ系のお菓子が苦手だったので、内心は、
「え~?あんまり食べたくないなあ」と思っていたのですが、
せっかくだからと一口食べたら、意外とおいしい!
未知の世界へ誘われたような気持ちでした。

これ以外にもK君はさまざまな場面で、渋る私の背中を押し、
新しい発見のきっかけを与えてくれました。

このあと、ラングドックルシオン・アルル・ニーム・カンヌ
・モナコ・ニース・パリへと続きます。
私の気持ちに大きな変化が訪れたのは、アルルでのできごと
でした。

churros7[1]_convert_20110910194718275px-Pontdugard[1]_convert_20110910192514
↑(左)チュロスを見るたびに、今も当時を思い出します
 (右)私がこの旅で2つめに感動したポンデュガール!
    この水道橋の最上部(幅3m)を歩いて渡りました
                  ウィキペディアより
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

スペインで、チュロスをココアのちょっと濃厚な感じの、
どろっとした飲み物につけて食べるのが美味しかったです!
アルルで何があったのかな?楽しみです!

>猫子さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
チュロスの本場はスペインなんですよね?
南仏でスペインに近いから、普通に売られていたんで
しょうか?
こちらもあまーいお菓子が大好きみたいですね。
これは私にはムリ!という甘すぎるお菓子が多かった
です。
プロフィール

もものあき

Author:もものあき
関西在住のねこ好き人。
2011年4月15日生まれ
の坊ちゃんと、2013年
2月19日生まれの2人
の嬢ちゃん、2匹の猫
との共同生活が新たに
始まりました。
日常のふとしたできごと
を綴っていきたいと
思います。

今日のお天気

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
私にもここで協力できること
ご訪問ありがとうございます♪
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR