fc2ブログ

磨崖仏☆帰省2日目

08/07<sun>

私が高校2年生のときのある日、教室で友人たちとお昼に
お弁当を食べていると、市内にある磨崖仏のことが話題に
なりました。美術部の友人が磨崖仏の絵を描いて県のコン
クールに出品するということでした。

その友人は磨崖仏のある深田の里というところに通い詰め、
毎回入場料を支払っていました。その当時で500円。

私はその友人に、「裏から入ればタダでいけるで」とか、
「お金がもったいないし、支払われた500円は何に使わ
れるんか知らんけど高けえな」とか言ってしまいました。

友人は大激怒!!
「500円は大事なまちの観光資源やし、それで食べてい
る人もいるんやし、大事な文化財の保護に役立てられるん
やし、それやったら500円は安いけん、そういう言い方
はせんで!!」

私があまりにも無知でした。
自分が恥ずかしくなり、何も言い返せませんでした。
のちにその出品作は県知事賞を受賞し、校内でも表彰され
ました。

ダンナと坊ちゃんと私の3人で、今回、磨崖仏がある深田
の里を訪れました。

IMG_0750_convert_20110809153853.jpg
↑深田の里を遠望

IMG_0720_convert_20110809153600.jpg
↑高校時代は水田だったところが、今は観光開発の一環と
 して古代蓮の池に

IMG_0721_convert_20110809153649.jpg
↑お供え物の盆菓子みたい

IMG_0744_convert_20110809153800.jpg
↑深田の里の磨崖仏群のなかで最も有名な大日如来像





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そのお友達は本当に偉いですね。高校生の頃で500円は大金です。
そんなに好きなんだったら、何回でも見たいから、私だって、
裏からタダで入ろうか、って絶対考えると思う。

でも、その友達は、もっと大きな愛情で、その大好きな仏像の事を
考えていたんですね。
その上、それで 賞をとってしまうのだから、ほんと大したものです!

どちらも素敵

お友達の考え方も正論的な真実ですし、もものあきさんの考え方も、高校生では、お小遣いが少ないだろうに通い詰めているお友達を思いやっての発言であったと思います。
思いやる対象が違うだけで、どちらの考え方も優しさからでた言葉。
もものあきさんもお友達も素敵ですね。

深田の磨崖仏、いいですね!
一度だけ観光バスで横を通ったことがあって、行きたい!とその時から思っているのですが、ちょっと遠くてまだ行けてません。
でも、磨崖仏なのにこんなにきれいに残っているなんて、いつか必ず行きたいです。
磨崖仏の他にも見所がたくさんありそうですが、車なしでも行けますかね?

>猫子さん

17歳の女の子がそこまで物事を考えられることに驚き
尊敬の念がこみ上げてきました。
私はなあんにも世間のことを知らない女の子でしたから。
その友人はいま、県内でお医者さんとして頑張っている
ようです。
まだ絵を描き続けているといいなあと思っています。

>Ms.れでぃ さん

>一度だけ観光バスで横を通ったことがあって、行きたい!とその時
 から思っているのですが、ちょっと遠くてまだ行けてません。

関西からは遠いですもんね。不便な場所ですし。今は冬に「ふぐ懐石
と石仏観光」みたいなパックツアーも出ているみたいです。

>でも、磨崖仏なのにこんなにきれいに残っているなんて、いつか
  必ず行きたいです。 磨崖仏の他にも見所がたくさんありそうです
  が、車なしでも行けますかね?

凝灰岩なのでもろく、以前はかなり損傷が激しかったらしいです。
いまは保存修理が施されてつぎはぎだらけですが、見応えのある
状態になっています。
特急が停車駅から路線バスに乗れば20分で行けますし、タクシー
観光もあるそうです。
プロフィール

もものあき

Author:もものあき
関西在住のねこ好き人。
2011年4月15日生まれ
の坊ちゃんと、2013年
2月19日生まれの2人
の嬢ちゃん、2匹の猫
との共同生活が新たに
始まりました。
日常のふとしたできごと
を綴っていきたいと
思います。

今日のお天気

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
私にもここで協力できること
ご訪問ありがとうございます♪
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR