fc2ブログ

入院中の思い…②

05/13<mon>

2月19日、雪のちらつく寒い日でした。

前日に帝王切開が決定し、この日の昼過ぎに手術が行われ
ました。

九州の実母には、前日の昼に電話で知らせました。
するとその1時間後には、すでにこちらへ向かう列車に
乗ってくれていました。

当日、朝から私の体は鉛を詰められたように重くて、思う
ように動けず、ダンナや母の問いかけにもまともに答えら
れませんでした。

もうどうにでもして~、早く楽になりたい~という感じ。

午後12時半に手術室に運ばれ、すぐに麻酔科の医師が背中
に麻酔針をさしました。

お腹に氷を当てられ、麻酔の利き具合を確認。
数分で冷たさを感じなくなりました。

半身麻酔だから、手術室でのできごとの一部始終を見聞き
できたハズですが、そんな気力すらありませんでした。

主治医の始めますの一声、若い医師への怒鳴り声のなかで
ちっちゃな産声を聞きました。

「あ、一子ちゃん(長女)が取り出されたんだ…」
「次は二子ちゃん(次女)だな…」

「あれ二子ちゃんまだ?遅いな…産声が聞こえないよ…」

だんだん不安になってきて、ドキドキしているところに
馴染みの助産師さんが私の顔のところに近づいてきて、

「午後1時22分、元気な双子の赤ちゃんが生まれましたよ!」

そう言って、赤ちゃんのほっぺたを順番に私のほっぺたに
くっつけてくれました。

この時の2人の肌のぬくもりは、一生忘れることはないと
思います。

あとで助産師さんに聞いた話ですが、2人はたった数秒差
でお腹から取り出されたとのこと。

私が聞いた産声は2人の共鳴だったようです(笑)
スポンサーサイト



プロフィール

もものあき

Author:もものあき
関西在住のねこ好き人。
2011年4月15日生まれ
の坊ちゃんと、2013年
2月19日生まれの2人
の嬢ちゃん、2匹の猫
との共同生活が新たに
始まりました。
日常のふとしたできごと
を綴っていきたいと
思います。

今日のお天気

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
私にもここで協力できること
ご訪問ありがとうございます♪
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR