fc2ブログ

九州へ!

06/27<thu>

6月16(日)~23(日)までの1週間、双子ちゃんたちを
連れての初めての帰省をしました。

ダンナは仕事があるし、私1人で3人の子ども達を連れて
行くのはどう考えても不可能だったので、

☆飛行機で帰省する
 (飛行機だと1時間、新幹線・在来線だと6時間)
☆九州の実母に事前にこちらへ来てもらう
☆機内では大人1名につき子ども1名しか抱っこできない
 ので、坊ちゃんはお留守番してもらう(T_T)/~~~

ということになりました。

こんなことをしてまでなぜ今帰省するのか?

そこまで九州の両親は里帰りを熱望していたからなのです。

kako-2GYOAnBbrUlWduQ2.jpg
↑伊丹空港の手荷物検査場まえにて

ダンナと坊ちゃんは、私たちをバイバーイと見送ったあと、
足どり軽く向かった先は・・・

kako-ey9X8KCLv2019YNc.jpg
↑やっぱりここ 京セラドーム大阪
 「お父ちゃんがいればボクは平気さ!」

飛行時間50分弱。50人乗りボンバルディアのプロペラ機です。
お嬢たちはというと、着陸体勢に入り急降下とともに耳が
痛くなったのか大泣き、大共鳴!!!

幸い、乗客は20人弱、後部座席にも赤ちゃん連れがおり、

「よくがんばったね、えらかったね」

と周囲の方々に声をかけていただき嬉しかった。

九州の空港では、兄と姪っ子が迎えに来てくれていました。
3人姉妹の末っ子が、双子の面倒をよくみてくれました。

---------------------------------------------

ダンナはその週の金曜日に有給休暇をとって、坊ちゃんと
一緒にクルマで迎えに来てくれました。

私は中度の「息子に会いたい病」にかかっていました。
着くなりギュウギュウ抱きしめてしまいました。

---------------------------------------------

関西へ戻るルートは、フェリーで四国に渡り、自動車道を
使って淡路島から本州に入る400kmの行程。

繁忙期はギュウギュウづめの船内も、閑散期の今はガラガラ。
2等席の1フロアを独占!!

kako-blvZALMEZHPG4fmK.jpg
↑「お嬢たち、大声で泣いても大丈夫だぞよ!」と強気な私だった
 けど、スヤスヤよく眠ってくれて、なんだか拍子抜けでした

フェリーが着く愛媛県八幡浜港~淡路SAまでの300km
を運転しました。

翌日からダンナは仕事だし、体力を温存してもらわねば
という気持ち半分、運転することでしばし育児から解放
されたいという気持ち半分。

淡路SAに着くころはグッタリ疲れて、残りの100kmは
後部座席でひたすら眠ってしまいました(+_+)

スポンサーサイト



ドタバタ旅行☆5日目

03/28<wed>

「実家でゆっくりのんびりしてきや~」

とよく言われるけれど、私には当てはまらないらしい。
家事全般が苦手な母。苦手というより好きじゃないといったほうが
よくて、とくにキッチンの惨状は目も当てられない。

帰省時はいつも私が家政婦さんになって、家事のいっさいがっさい
をしています。

なつかしいふるさとの味。言ってみたいなあ、感じてみたいなあ!
母の料理がふるさとの味。坊ちゃんにはそう言わせたい!

IMG_2593.jpg
↑母の役目は坊ちゃんのお相手 
 姪っ子のおさがりのクルマで遊ばせてくれました

姪っ子3姉妹の長女が今年、小学校を卒業。
卒業祝いに関西への旅をプレゼント。この日の夕方、姪っ子は私や
坊ちゃんとともに飛行機に乗りました。

ドタバタ旅行☆3日目

03/26<mon>

湯布院では「ほたるの宿 仙洞」に宿泊。

宿泊プランは、
  A:豊後牛ステーキプラン
  B:地鶏鍋プラン

もちろん、私たちはBのプランをチョイス!
だって~~、値段が5000円も違うし。

とっても美味しかったけど、坊ちゃん大暴れでちっとも落ち着いて
食べれなかったんです~(T_T)

IMG_2554.jpg
↑ビールで乾杯 坊ちゃんはミルクで
 食前に山査子(さんざし)酒も飲み、すっかりいい気分♪

クレヨンしんちゃん風にいうと“カワイイおねいさん”が私たちの
お世話をしてくれ、坊ちゃんはニッコニコ。
不機嫌顔でグズっていても、おねいさんが来ると「エヘエヘッ♪」
と言いながら顔をほころばせていました。

おそるべし0歳児!!!

湯布院は朝の散歩がいいらしい。
6時半に坊ちゃんに起こされ、眠い目をこすりながら防寒対策をして
いざ出発!

IMG_2568.jpg
↑湯布院観光の中心地・金鱗湖にて
 友人の一眼レフもうなる、すごく神秘的な美しさでした

IMG_2576.jpg

IMG_2581.jpg

おじいちゃんおばあちゃんが肩を抱き合って撮った1枚の写真。
それぞれの顔を遺影にしました。
それを撮った場所がココ、金鱗湖畔。

20年前と何にも変わってない。
まだ薄暗い朝のヒンヤリとした空気が、写真を撮ったときの記憶を
より鮮明にさせました。

IMG_2586.jpg
↑由布岳が青空に映えて、とっても雄々しかった

この日の夕方に友人は、別府駅から特急に乗り新幹線に乗り継いで
関西へ帰っていきました。

「明日からまたお仕事ガンバってね!」

と見送り、私と坊ちゃんは、父の車で再び実家へ帰りました。

ドタバタ旅行☆2日目

03/25<sun>

この日は昼前に実家を出て、いざ湯布院へ出発!
(父から借りた車に乗って…)

途中、ちょっと変わった場所に立ち寄りました。
たぶん、大多数のひとは興味を持たないようなところ。
でも私と友人はかなり大喜びするようなところ。
友人には、

「“たきおひゃっけつ”っていうとこに連れてったげるね!」

としか伝えていませんでした。驚かせようと思って(^v^)

IMG_2545.jpg
↑手前は中学校のグラウンド 奥の山の壁面に注目です!

IMG_2546.jpg
↑岩壁に穴がポコポコあいてます!

IMG_2540.jpg
↑大昔の人たちのお墓であり、貯蔵庫であり…
 まるでワンルームマンション!

IMG_2539.jpg
↑この友人の職業は、埋蔵文化財センターの発掘調査員なのです!

阿蘇の大噴火による火山灰が降り積もってできた凝灰岩に掘られた穴
のなかはヒンヤリとした空気が漂っていました。

なんだか近づくな!といわれているようでした。

ドタバタ旅行☆1日目

03/24<sat>

本当はおばあちゃんに会いに帰省する予定で、ずっと前からこの
日の格安航空券を買っていました。
元気なおばあちゃんに会う予定だったけど、かないませんでした。

チケットは変更もキャンセルできないので、帰省は決行。
でもすごく寂しくて前向きになれず、考えると気持ちが沈んでし
まってました。

だから、思いきって友人を誘ってみました。
「1日目は私の実家で、2日目は湯布院で泊まる旅に行かない?」
と。

即OKをもらい、すごく嬉しくて、やっと帰省に前向きになれま
した。

この日は風が強く、出発が遅れるわ揺れるわで、飛行機が苦手な
友人は終始ヒーヒー言ってました^_^;
坊ちゃんは離陸直後にウ○チ!!!私のズボンも汚すほどでした。

IMG_2534.jpg
↑伊丹空港にて

実家の仏間には、四十九日をひかえたおばあちゃんのお骨が置か
れていました。

「ただいま、ばあちゃん!!」


プロフィール

もものあき

Author:もものあき
関西在住のねこ好き人。
2011年4月15日生まれ
の坊ちゃんと、2013年
2月19日生まれの2人
の嬢ちゃん、2匹の猫
との共同生活が新たに
始まりました。
日常のふとしたできごと
を綴っていきたいと
思います。

今日のお天気

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
私にもここで協力できること
ご訪問ありがとうございます♪
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR