fc2ブログ

ミルキーウェイ☆

07/07<thu>

今日は七夕だというのに、朝からあいにくの雨。
あー、天の川見たかったな(晴れても見えないけれど)

かれこれ14年前の7月、私は例えようのないくらい素晴らしい
天の川を見ました。場所はモンゴル南部のゴビ砂漠で。
雨女の友人たち(05/21の日記)と一緒に。

97年当時は、民主化から5年。首都ウランバートルはまだまだ
社会主義の残り香がプンプンする街並みでした。
その一例が国立デパート。1階フロア正面に据え置かれたガラス
ショーケースの中には・・庶民にはまだまだ手の届かない高級な
洋式トイレが鎮座。
おまけに、デパートの1階なのに、カウンターをはさんでパンを
対面販売していたのには驚きました。

ロシアの払い下げオンボロ航空機で、ウランバートルからゴビへ
向かいました。北半球の高緯度に位置するので夏は日が長い!
日没は午後10時頃でした。
夕暮れどき、地平線の彼方からちっちゃな太陽が私たちの背中を
照らし、目の前には今まで見たこともないような長~い影が荒野
にまっすぐ伸びていました。

IMG_0543_convert_20110707153449.jpg


日が沈むと、あっという間に満天の星空にかわりました。
視界を遮るものが何もないので、地平線から反対側の地平線まで
色とりどりの星たちが空を埋め尽くしていました。

白くモヤモヤッとした帯状のかたまりが地平線から長く延び、
うねうねと蛇行しながらオリオン座の真ん中を通過していました。
それが天の川だと気付くのに少し時間がかかりました。

天の川を写真におさめることはできなかったけれど、私の記憶の
中では色褪せることなく、今も鮮やかに思い出されます。

その夜は雨女のお二人がパワーダウンしてくれてて感謝!?(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

モンゴルの夜空

モンゴル人は日本人に外見が似ているし、
また力士も一杯来ているので、昔から親しみを感じています。
ゴビ砂漠、雄大でしょうね!
あの有名なテント(何という名前でしたっけ?ちょっとど忘れ)の住居も
砂漠にあるのでしょうか?
モンゴルで見る夜空すごいでしょうね。
それこそ、プラネタリウムよりすごいかも。

>猫子さん

モンゴルの移動式住居は「ゲル」です。
観光用のゲルに宿泊しましたが、実際に遊牧民が
住んでいるゲルにもお邪魔しました。
室内は馬や羊の乳くさい臭いがプンプンしてました。
民族衣装の「デール」も色褪せてボロボロになってて
も着てましたし。
2002年に今度はダンナとモンゴルに訪れたとき、
遊牧民の生活は激変していました。
テレビ、冷蔵庫、オーディオセットはもちろんのこと、
携帯電話でメールのやりとりもしてました。
それに「デール」は年配者だけ。若者はジーンズに
デニムシャツでした。
だから、もう97年にみたモンゴルの生活はないんだ
と思うと、貴重な体験をした気がします。
あの星空だけは変わってないことを信じてます。
プロフィール

もものあき

Author:もものあき
関西在住のねこ好き人。
2011年4月15日生まれ
の坊ちゃんと、2013年
2月19日生まれの2人
の嬢ちゃん、2匹の猫
との共同生活が新たに
始まりました。
日常のふとしたできごと
を綴っていきたいと
思います。

今日のお天気

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
私にもここで協力できること
ご訪問ありがとうございます♪
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR